テーマ

G.自然・環境を学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生・聴講生

科目コード

G001

科目名

天文学と私たち~光の実験室・神山天文台~

開講大学名

京都産業大学

学内科目コード

学内科目名

天文学と私たち~光の実験室・神山天文台~

連絡先

教学センター
TEL:075-705-1425 FAX:075-705-1582

担当教員

中道 晶香(共通教育推進機構)

開講期間

2022年08月30日(火)~2022年09月02日(金)
2~5講時 10時50分~17時50分
計15講義(※最終日のみ2~4講時)

単位数

2

開講期

夏期集中

授業形式

対面授業(プラザ)・オンライン併用

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

科25,000円 聴17,000円

対象年次

1年次以上

授業定員

170

単位互換定員

60

京カレッジ定員

20

会場

キャンパスプラザ京都

試験・評価方法

平常点(毎日moodle上でオンライン実施する小テスト)

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

【履修上の注意】
「天文学と私たち~神山天文台からのアプローチ~」「天文学と私たち  ~神山天文台と138億光年の地平線~ 」を履修された方は、当該科目を履修することができません。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

講義概要
天文学は人類最古の学問と言われるほど、私たち人間とかかわりの深い学問である。
京都産業大学は初代創設者が宇宙物理学者であったということから、天文学には縁のある大学であり、そのシンボルとして神山天文台を設置し、最新の天文学研究を推進している。宇宙を通して、人類の存在を新たな視点で捉えることが本講義の目的であり、私たちの置かれている立場と未来を受講者が認識することが講義の到達目標である。
また、天文学と社会とのかかわりについて、日本と諸外国の学校教育や社会教育についても紹介する。                                 京都産業大学神山天文台では、天体から届く光に吸収線や輝線・連続光として刻まれた物理情報を抽出している。天文台は何をするところなのか、天体から届く光を調べると何がわかるのかを理解し実感するため、講義の中で光の実験を行う。(もしコロナ禍の状況によりオンライン開講となった場合は、光の実験の代わりに、神山天文台からオンライン生中継または動画配信を行い、研究現場を紹介する。)スペクトルの観察などを通して、天文台で行われている研究を理解し体験することが本講義の特徴である。ゲスト講師との対話の時間も十分に確保している。

到達目標
・天文学の幅広いテーマの基礎を理解し、天文学と人間生活との関わりについて考察することができるようになる。
・科学的な見方を身につける。つまり、与えられた情報を鵜呑みにせず、論理的に理由を考えて自分で判断することができるようになる。

講義スケジュール

第1回 世界の星座
第2回 天体の運行と月食、日食、西洋と日本の天文学史
第3回 宇宙の成り立ち:銀河、銀河団、宇宙の大規模構造
第4回 私たちの太陽
第5回 星の明るさ、星の温度、恒星の分類
第6回 望遠鏡と観測装置の仕組み、世界の望遠鏡
第7回 恒星の一生Ⅰ~中小質量星~惑星状星雲、白色矮星
第8回 恒星の一生Ⅱ~大質量星~中性子星、ブラックホールとは
第9回 いろいろな惑星、この時期に見える天体
第10回 太陽系小天体、太陽系の形成
第11回 スペクトル(虹)とは、分光実験
第12回 天文教育・普及を考える
第13回 宇宙膨張の証拠、宇宙の歴史、ダークマターとは
第14回 宇宙の未来、ダークエネルギーとは
第15回 座談会 質問コーナー

ゲスト講師による講義も予定している。ゲスト講師の予定に併せて授業内容の順番を入れ替えるため、最終的な時間割と内容は初日に発表する。

[事前学習]
・事前学習として、天文関係の書物(一般啓蒙書や科学雑誌でかまわない)を読破してほしい。書物に理解できない点があれば、自分がどこに納得できないのか明らかにしておき、その疑問を解決しようという意識を持って講義に臨むこと。


[事後学習]
・その日のうちに復習し、わからない点を無くしておくこと。

教科書

参考書

事前学習ではどの本を選んでいただいてもよいですが、事後学習にも末永く使える詳しい良書を挙げますと、例えば下記の書籍があります。
・谷口 義明 著
  『天文学者が解説する 宮沢賢治『銀河鉄道の夜』と宇宙の旅』
  (光文社新書  2020年)
・佐藤 文衛、細川 秀夫 著
  『宇宙地球科学』
  (講談社 2018年)
・半田 利弘 著
  『基礎からわかる天文学』
  (誠文堂新光社 2011年)
・岡村 定矩、池内 了、海部 宣男、佐藤 勝彦、
永原 裕子 著
 『シリーズ現代の天文学 I  人類の住む宇宙』
 (日本評論社 2007年)
・Michael A. Seeds, Dana E. Backman 著
有本 信雄 監訳
 『最新天文百科: 宇宙・惑星・生命をつなぐサイエンス』
 (丸善株式会社 2010年)

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00