テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

聴講生

科目コード

F105

科目名

生体行動科学

開講大学名

京都工芸繊維大学

学内科目コード

F107

学内科目名

生体行動科学

連絡先

学務課学部教務係
TEL:075-724-7221

担当教員

野村照夫・来田宣幸

開講期間

2022年04月08日(金)~2022年07月22日(金)
1講時 8時50分~10時20分(毎週金曜日)
「その他特記事項」も併せてご確認ください。

開講曜日・講時

金・1

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形態

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

9,200円

対象年次

2年次以上

授業定員

200

単位互換定員

20

京カレッジ定員

20

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

受講状況(積極性や態度)(60%)と複数のレポート課題(40%)に基づいて総合的に評価する。
※京カレッジ生(聴講生)への単位認定及び成績評価は行いません。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

講義の実施教室及び授業日の振替え、大学行事に伴う休講については「京都工芸繊維大学 学生情報ポータル」のお知らせ欄をご覧ください。(3月下旬掲示予定)
https://www.gakumu.kit.ac.jp/ead/ead_portal/
新型コロナウイルス感染症の状況や教育効果を踏まえて、オンライン授業へ変更となる可能性がありますので、予めご了承の上、出願をお願いします。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

生体行動に関する科学的知見について基礎的理解を図る。それによって、身体、動作、スポーツ、健康に対する認識を発展させる。また、技術者として現場でリーダーシップを発揮するために知識やコア技術を“身体化”する基盤を構築する。
達成目標としては、(1)Human Performanceに関する科学的知見の基礎を理解する。(2)Human Performanceと健康、身体、体力、スキル、環境、感性の関係を発展的に認識する。(3)Human Performanceにおける心理学、バイオメカニクス、生理学の基礎と応用から知識や技術を身体化することを目指す。

講義スケジュール

第01回:Human performanceの概念
第02回:Human performanceと健康
第03回:Human performanceと身体
第04回:Human performanceと体力
第05回:Human performanceとスキル
第06回:Human performanceと環境
第07回:Human performanceと身体知
第08回:Human performanceにおけるスポーツ心理学の基礎
第09回:Human performanceにおけるスポーツ心理学の応用
第10回:Human performanceにおけるバイオメカニクスの基礎
第11回:Human performanceにおけるバイオメカニクスの応用
第12回:Human performanceにおける生理学の基礎
第13回:Human performanceにおける生理学の応用
第14回:Human performanceにおける研究と現場
第15回:総括

教科書

適宜、資料等を配付する。

参考書

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00