テーマ

C.文化・芸術を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

C106

科目名

日本美術史

開講大学名

京都工芸繊維大学

学内科目コード

C106

学内科目名

日本美術史

連絡先

学務課学部教務係
TEL:075-724-7221

担当教員

井戸美里

開講期間

2022年04月07日(木)~2022年07月21日(木)
1講時 8時50分~10時20分(毎週木曜日)
「その他特記事項」も併せてご確認ください。

開講曜日・講時

木・1

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形態

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

1年次以上

授業定員

120

単位互換定員

20

京カレッジ定員

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

学期末のレポートおよび授業のテーマごとのリアクションペーパーなどにより総合的に評価する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

なし

その他特記事項

講義の実施教室及び授業日の振替え、大学行事に伴う休講については「京都工芸繊維大学 学生情報ポータル」のお知らせ欄をご覧ください。(3月下旬掲示予定)
https://www.gakumu.kit.ac.jp/ead/ead_portal/
新型コロナウイルス感染症の状況や教育効果を踏まえて、オンライン授業へ変更となる可能性がありますので、予めご了承の上、出願をお願いします。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

 日本の美術作品を理解するために、今年度は日本の風景画―描かれた名所―について見ていく。日本人にとって身近な自然や風景は美術の主題として宮廷や寺院、城郭などを飾る障壁画にも描かれ、住まいや儀礼の空間と密接に関わってきた。和歌や『源氏物語』に描写される風景、春日や吉野などの霊地、京都や江戸などのにぎわう都、日本三景など都から遠く離れた名所、浮世絵に映し出された名所など、毎回、テーマごとに具体的な作品を取り上げ、細部の画像を見ながら作品に描かれた世界を読み解いていきたい。
 一般的には、「作品」として美術館のなかでしか鑑賞することのできないこれらの絵画が、当時、どのような場で用いられ、どのような思いから制作され、何を伝えたかったのか、ということをそれぞれ考える機会としてもらいたい。
 

講義スケジュール

01 イントロダクション:日本の風景画―名所絵―
02 和歌に見る名所 01
03 和歌に見る名所 02
04 王朝文学に見る名所
05 霊地を描く名所 01
06 霊地を描く名所 02
07 都市のなかの名所 01
08 都市のなかの名所 02
09 地方の名所 01
10 地方の名所 02
11 浮世絵に見る名所
12 異国の名所
13 近代の名所 01
14 近代の名所 02
15 まとめ

教科書

参考書

参考図書:
辻惟雄『日本美術の歴史』(東大出版会、2005年)

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00