テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生・聴講生

科目コード

F301

科目名

包括的ヘルスケア論

開講大学名

京都光華女子大学

学内科目コード

F301

学内科目名

包括的ヘルスケア論

連絡先

学生サポートセンター修学担当
TEL:075-325-5309 FAX:075-325-5317

担当教員

松田 芳恵(健康科学部医療福祉学科 准教授)
未定
高橋 岳大(健康科学部医療福祉学科 非常勤講師)
村上 成美(健康科学部医療福祉学科 非常勤講師)

開講期間

2022年04月08日(金)~2022年07月22日(金)
全授業回をオンデマンド実施とする
※休講(学校行事)2022年04月15日(金)
※休講 2022年04月29日(金・祝)

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形式

オンラインのみ

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

科目等履修生(履修料20,000円、選考料 科目数を問わず10,000円) 聴講生(聴講料10,000円、選考料免除)

対象年次

3年次以上

授業定員

単位互換定員

3

京カレッジ定員

3

会場

オンライン

試験・評価方法

【成績評価方法】
出席(授業毎小課題提出をもって出席とします) 30% 
レポート 30%(15%、15%) 
最終レポート 40%

【成績評価基準】
毎回の提出課題は、その授業内容に沿って書かれていることで評価される。
レポート内容は授業で話されたテーマに沿って書かれ、かつ各自が考えた独自の意見が記載されていることで評価される。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

なし

その他特記事項

女子のみ受講可

【授業時間外学修(予習・復習等)について】
授業で出された課題を行うため30分程度行うことが望ましい

【担当者からのメッセージ(履修上の留意点等)】
積極的な取り組みを期待します。

オフィスアワー:
松田:研究室 5309
   授業・会議以外の時間
   Email y-matsuda@mail.koka.ac.jp
オンデマンド授業ですので、教員への質問は、基本的に光華naviクラスプロファイルのQ&Aを使用してください。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【授業テーマ】
地域包括ケアの実際と専門職の役割、連携の重要性について理解する

【授業の概要】
日本では高齢化が急速に進み、高齢者のニーズも多様化している。認知症をはじめとして、介護を要する高齢者数も国家の予想を超えるスピードで増加しつつある。それに対応すべく、地域包括ケアシステムが構築され、急ピッチでその整備が進められている。この科目では、第一線の現場で地域包括ケアにかかわる外部講師・ゲストスピーカーをお招きして地域包括ケアの実際を学ぶ。その中で、履修者がそれぞれの専門職としての役割と連携を理解し、自分たちが担うべき将来について考えることを目標とする。したがって、全講義を通して、知識を得るのみではなく、履修者すべてがともに考え積極的に議論して、自分のこととして新しいアイデアや考えを求め、他者に問う姿勢を求める。

【到達目標】

1.我が国の少子高齢化に伴う問題を理解する
2.地域包括ケアの理論と制度を学ぶ
3.地域包括的ケアの実際を学ぶ

講義スケジュール

【授業計画及び授業内容】
1、 包括的ヘルスケア論の授業概要と流れについて(松田) 
2、 地域包括支援センターの役割を学ぶ(高橋)
3、 事例から学ぶ①(高橋) 
4、 事例から学ぶ②(高橋) 
5、 地域包括支援センターの今後の展開(高橋) 
6、 レポート作成① (高橋)
7、 訪問看護ステーションの役割を学ぶ(村上) 
8、 事例から学ぶ①(村上) 
9、 事例から学ぶ②(村上) 
10、 訪問看護ステーションの今後の展開(村上) 
11、 レポート作成② (村上)
12、 社会福祉士の役割を学ぶ(未定) 
13、 制度を学ぶ(高橋) 
14、 まとめ(松田) 
15、 最終レポート作成 (松田)
 
【授業方法及び学生への課題・小テスト等のフィードバック】
オンデマンドで行う
授業毎小課題提出をもって出席とします

教科書

なし

参考書

なし

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00