テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

F112

科目名

発達心理学演習

開講大学名

京都教育大学

学内科目コード

F115

学内科目名

発達心理学演習

連絡先

教務課教務グループ
TEL:075-644-8157

担当教員

田爪 宏二(教育学科)

開講期間

2022年10月03日(月)~2023年02月06日(月)
4講時 14時35分~16時05分(毎週月曜日)
※振替授業日 2023/01/10(火)
※冬季休業 2022/12/24(土)~2023/01/05(木)
※定期試験週を含む

開講曜日・講時

月・4

単位数

2

開講期

後期・秋学期

授業形態

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

授業定員

単位互換定員

5

京カレッジ定員

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

1)資料および発表の内容(60%) 2)討論における積極的な発言や参加態度(40%)

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

【本授業に関する情報】
アンケート結果から,受講生は授業に対して概ね満足していることが窺われる。比較的少人数の演習であったこともあり,受講生は主体的に取り組めていたと思われる。
【自学自習についての情報】
論文講読においては、その論文に関連する文献などについても積極的に読むこと。また、常に研究の問題を探すという意識を持つと良い。
【アクティブラーニングに関する情報】
集団討論や論文に基づく議論など,受講生の主体的な演習形式で授業を進める。
【注意】
車での来学はご遠慮いただいております。
教室は授業初回日に本学掲示板にて確認してください。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【授業の概要】
発達心理学にかかわる今日的課題について、演習形式で学習する。第1には、ブレーンストーミング・KJ法による質的分析検討を行う。第2には、発達心理学関係の最新の論文をとりあげて批評や議論を行う。その上で、受講者自身の問題意識と研究テーマを見いだす。
【授業の到達目標】
1.討議や講読を通して、発達心理学の最新の知見を理解する。
2.質的研究の方法および、文献のまとめ方、批評、議論の方法について学習する。
3.討議や文献講読を通して自らの研究テーマを見いだす。
【授業の形式】
演習形式で実施する。前半は集団討議、後半は受講者による論文の紹介を行う。随時、受講者同士で質問や意見交換を行いながら議論を深める。

講義スケジュール

第1回 生涯にわたる心理発達をめぐる今日的課題
第2回 実証的研究の意義と方法:問題解決へのアプローチ
第3回 ブレーンストーミングによる集団討論(1)
第4回 〃 (2)集団討論のまとめ
第5回 KJ法による質的分析
第6回 〃 (2)質的分析のまとめ
第7回 検討結果のまとめとプレゼンテーション
第8回 発達心理学における研究論文の読み方
第9回 レポートの発表と討論(1)発達心理学の基礎理論
第10回 〃 (2)認知、言語発達
第11回 〃 (3)社会性・情動の発達
第12回 〃 (4)発達における問題と支援
第13回 〃 (5)生涯発達
第14回 文献研究に基づく研究テーマの焦点化
第15回 文献講読のまとめと総括的討論

教科書

参考書

秦野悦子・近藤清美編「発達心理学」医歯薬出版
本郷一夫編「実践研究の理論と方法」金子書房 
講読する論文の選定方法については、授業内において適宜指示する。

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-09-23 05:00:00