テーマ

E.教育・人生観を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

E301

科目名

複合領域科目2-94(ウェルビーイングとコーチング入門: 意味ある人生とコミュニケーションのために)

開講大学名

同志社大学

学内科目コード

16604040094

学内科目名

複合領域科目2-94(ウェルビーイングとコーチング入門: 意味ある人生とコミュニケーションのために)

連絡先

ビジネス研究科事務室
TEL:075-251-4585
FAX:075-251-4710

担当教員

飯塚 まり(ビジネス研究科 教授)、中川 吉晴(社会学部 教授)、森田 克司(全学共通教養教育センター 嘱託講師)

開講期間

2022年04月12日(火)~2022年07月26日(火)
4講時14時55分~16時25分(毎週火曜日)
※休講 2022年5月3日(火)

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形式

オンラインのみ

遠隔授業として実施する

実施する

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

2年次以上

授業定員

200

単位互換定員

10

京カレッジ定員

会場

オンライン

試験・評価方法

平常点(出席,クラス参加,グループ作業の成果等) 50%
この授業では,出席してエクササイズをすることが非常に大事になります。また,積極的に授業に関わってください。
Zoomのブレイクアウトルームを使い,ペアやグループを作って練習をしたりします。そこでの成果(感想,振り返り)なども,出席点の評価の対象になります。とにかく出席ありきの授業です。
小レポート(自己分析などを含む) 20%
簡単なレポートを提出してもらいます。そこでは,自分に真摯に向き合い,日常から気がついたことを書いていただきます。
期末レポート 15%
短いレポートを提出してもらいます。短くても,今まで学んだことを,自分の中に「腹落ち」させて,自分に真摯に向き合い,期末レポートを完成させてください。
クラスでの特殊なエクササイズや発表など 15%
詳細については,クラスで指示を出します。(出席していないと発表できませんよ!)

超過時の選考方法

別途負担費用

その他特記事項

<成績評価の補足>
・成績評価の詳細については,授業の始めに説明いたします。
・この授業では,ただ講義をオンラインで座って聞くだけではなく,積極的に自分が関わることが重要です。
・知識重視の授業ではないため,自分に真摯に向き合うことによってしか書くことのできないレポートやアンケートをします。そのため,オンラインであっても,出席や,授業中に行うエクササイズを重視します。
・欠席した場合,自習でカバーできるような授業内容ではありません。病気や就職活動などやむをえない場合は,考慮しますが,それ以外は出席してください。
・AIに関しては,希望者のみとします。AIを希望しなくても,成績で不利になることはありません。 DataRobotのAIは,文系の学生でも扱えます。また事前知識は必要ありません。AIについては,補講をする予定です。また,詳細については,授業の初めに説明します。

<参考URL>
ggia.berkeley.edu
カリフォルニア大学バークレー校のハピネスに関するエクササイズのサイト
https://www.datarobot.com/jp/
DataRobot:AIの提供先の企業です 世界,日本のトップ企業が導入しています

<備考>
本授業は,Zoomを用いて双方向オンライン(リアルタイム形式)で行います。なお,授業時はカメラ機能を必ずオンにし,顔出しの状態で受講してください。また,コーチングの練習や瞑想などを行うため,なるべく静かで1人になれる場所,話をしても周囲の迷惑にならない場所で受講するようにしてください。
グループワーク等を主に行う授業のため,授業終了後の動画配信は行いません。必ずリアルタイム(授業時はカメラ機能を必ずオンにし,顔出しの状態)で受講してください。そのため,前後の時間割には注意して履修登録をしてください。

コーチングやウェルビーイングは,オンラインでも十分に学ぶことのできる科目です。日本のビジネスシーンでも,海外でも,オンラインでの教育が盛んですので,オンラインであることを心配せずに受講してください。

2022年度には,この授業のための教科書やアプリを準備する計画がありますので,その場合は,指示に従ってください。

この授業を履修して,過去に多くの学生が新しい気づきや変化が得られたと報告しています。

**受講した学生の声**
「今までの大学の授業と全く違う」「実践型」「日常に活用できる」「気づきがたくさんあった」「ずっと将来にも使える」「プロのコーチから学べる」「いい意味で日本的ではない」「今までの先生対学生の授業ではなくて,(ペアやグループワークがあるので)先生対学生対学生」「自分自身と向き合える楽しい授業」「他学部に友人ができる」「受け身の授業ではない」「メモを取らない」「暗記ではなく身体で覚える授業」「勉強ではなく教育」。

(ご参考)**同志社大学コーチング・ラボのご紹介**
過去に受講した学生からは,コーチングをもっと勉強したいという声が多く出ました。そこで,2021年から,同志社大学コーチング・ラボを立ち上げ,毎月「コーチング道場」を行っています。授業だけではなく,さらにコーチングの技術を磨きたい方は,奮って同志社大学コーチング・ラボにご参加ください。森田先生がご指導くださいます。コーチングは企業のリーダー達にとっても重要なスキルなので,企業の方からも,出席できないかと問い合わせがきているような集まりです。(成績とは関係しません。)

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

<講義概要>
"**基本コンセプト** 
 アメリカの有名な教育哲学者,ネル・ノディングスは,教育は個人や社会が「幸せ」になったり「よりよい人生を送る」ためのものだと考えました。この授業では,「(大学生が,今より)幸せになって,(個々人にとって)よい職業にも就いてより充実した人生を送るために役に立つ教育」を目指します。 
 本授業は,ネル・ノディングスの「幸せのための教育」を基本哲学としつつ,世界のトップ企業でリーダーシップ開発のために行われている実践的な内容を提供するものです。

**具体的には**
 皆さんは,日経新聞社が,2021年にウェルビーイングプロジェクトを立ち上げるなど,ウェルビーイングが企業の最先端の動向となっていることを知っていますか?これは,コロナ禍の影響もありますし,人権を重視するSDGsの影響もあります。 また,海外では,Googleやスタンフォード大学などの超有名大学で,「幸せ(ウェルビーイングやマインドフルネス)」や「コーチング」を,教えています。この授業では,皆さんの大学生活がより充実し,よりよい人生が送れるように,この「ウェルビーイング~幸せになる技術」と「コーチング」を,実践的に勉強していきます。そして,希望者には,ハーバード大学や世界のトップ企業で導入されているAIを実際に使って,AI時代のウェルビーイングを考えていきます。
 さて,就職活動では,自分のことをよく理解している学生や,コミュニケーション能力のある学生が求められています。しかし,これらは,本で読んでも身につかないことです。この授業では,これらの点も,ワークやエクササイズを通じて,実践的にトレーニングしていきます。自分を知り,また,コミュニケーション能力を磨くことは,リモートワーク時代の就職に大いに役立ちます。

さらにDataRobot社の協力により,AIを学生に提供してもらい,AIを個人や社会の幸せのために使う経験をしていきます。(事前知識は不要です。)

(1)「幸せ(ウェルビーイング)になる技術」~Googleで開発されたトレーニング内容を,日本で数人しかいない認定講師や,瞑想の実践経験豊富な教員が教えます。 

 近年,ポジティブ心理学や脳神経科学,その他の関連領域の発展により,人間がどうすれば幸せになるかということが,科学的に研究されてきました。この授業では,Googleやスタンフォード大学等で開発されたメソッドのポイントを押さえていきます。担当する教員は,日本で数人しかいないGoogleのトレーニングの認定講師や,瞑想の経験が非常に豊富な教員です。

(2)「コーチング」~日本を代表する企業の現役エグゼクティブコーチが教えます。
 コーチングは,目標達成やコミュニケーションの技術で,多くの企業がリーダー研修にとり入れています。大学でのゼミ,サークル活動はもちろんのこと,就職活動や,社会人になってからでも役に立つものです。(コーチングを学んだことが,就職活動に役立ったという嬉しい声も,過去の受講生から多く届いています。)実際に日本を代表する企業のエグゼクティブに対してコーチングを行っている現役プロコーチが指導を担当します。 

(3)「AI経験」(希望者のみ,文系でも大丈夫,事前知識不要)~ 個人にAIアカウントを付与します。個人や社会の幸せのために,どうAIを使っていくのかを考えていきます。

 DataRobot社(ハーバード大学やトップ企業で使われている)から,企業であれば,年間数百万を支払って導入しているAIを,教育目的ということで,学生個人に無償で提供してもらいます。そして,個人や社会のウェルビーイングのために,どのようにデータサイエンスやビッグデータを使っていくのかを考えていきます。社会では,AIを使えるデータサイエンス人材は圧倒的に不足していますが,学生は,実際にAIを扱う経験も得られます。(希望者には,補講授業をします。事前知識は必要ありません。)

**実践ありき**
 この授業は,皆さんの大学生活を豊かにし,また,大学卒業後にも役に立つことを狙って,設計されています。しかし,幸せの技術,コーチング,AIの経験(希望者のみ)は,本や講義で学ぶ知識だけではなく,実際にやってみて,体験をすることが重要になります。よって,この授業では,出席および授業への関わり方を重視しています。また,授業の進行によって,トピックが変化する可能性もあります。いずれにしても,ご自分のために,真摯な姿勢で取り組むことで,効果が得られるものです。 
 
**日本唯一 同志社でしか受けられない授業です** 
 Googleで開発されたウェルビーイングに加えて,世界レベルのコーチング,AIという「世界の最先端」のトピック三つが,同時に勉強できるのは,社会人になったとしても,得がたい機会です。(実際に,大企業の管理職から,この授業に出席できないかというお尋ねも受けています。)大学生活をより有意義に過ごし,また,社会へ出てからも大きく飛躍することを希望する学生に,本科目の履修を強くおすすめします。  

注1)ウェルビーイングは,身体的,心理的,精神的,社会的に良好な状態であること,幸福,をさします。病気ではないという消極的な意味の健康や単に流れゆく情動としての幸福ではなく,生まれてきてよかったとしみじみと感じるような幸福感をも含む概念です。また,個人の幸せのみならず,個人の属するコミュニティー(例えば学校,企業,社会)における幸せをも含みます。同志社では,良心教育を教育の中心に置いていますが,その良心の醸造の基本には,ウェルビーイングの概念があります。そして,それらは,禅や茶道など,京都が育んできた文化の多くにもつながるものです。また,ウェルビーイングは,いま,世界的に大きな話題となっているSDGs(持続可能な開発目標)の中心的な思想にもつながっています(例:個人の幸せ,地球の幸せ)。

注2)自分と向き合う心理学的なワークやエクササイズを行います。メンタルに関するカウンセリングや診療を現在や過去3年間に受けたことがある方は,受講しないようにしてください。

<到達目標>
(1)学生が,幸せになる技術(ウェルビーイングを高める技術)やコーチングに関しての,基礎的知識を得る。

(2)学生が,幸せになる技術(ウェルビーイングを高める技術)やコーチングの基本的な技能を身につける。

(3)学生が,幸せになる技術(ウェルビーイングを高める技術)やコーチングをもとにして,大学生活を充実させ,卒業後もよりよい人生を送るための自分なりの態度・習慣を身につける。

(4) AI時代において,個人や社会の幸せのためにAIやデータサイエンスをどう活かしていくのかを,考える。希望者は,AIを使う実践を通して,そのための基本的知識,技術,態度を身につける。

講義スケジュール

第01回【ウェルビーイングとコーチング】はじめに~感情知性とコミュニケーションの時代 (ウェルビーイング,マインドフルネス,しあわせとコーチングとは?)
自分が本授業に対してどういう気持ちで取り組むのか,(詳細はわからないながらも)何を得たいのかを明確に考えてから,授業に臨むこと。
第02回【ウェルビーイング】自分を知ろう ~ アートから知る自分 (コラージュ作成)
簡単なエクササイズを行う古雑誌を20部準備する(ハサミ,ノリを準備する)
第03回【ウェルビーイングとAI】 幸せのために,AIを生かすための基本的知識・技術
自分の物語を書く
簡単なエクササイズを行う
第04回【ウェルビーイング】マインドフルネスと感情知性 (社会的背景など)
簡単なエクササイズを行う
第05回【ウェルビーイング】自分の強みを知ろう (強みの解釈,分類,使い方~ストレングスファインダー,自分の持つ美徳を知ろう)
簡単なエクササイズを行う
第06回【ウェルビーイング】感謝の力 (セルフコンパッション,感謝の心理学,マインドフルネスから考える成功と失敗)
簡単なエクササイズを行う
第07回【ウェルビーイング】自分の未来(ビジョンメイキング,動機付け,価値)
簡単なエクササイズを行う
第08回【ウェルビーイング】自分のコミュニケーションの癖を知ろう(エゴグラム,交流分析,ゲーム)
簡単なエクササイズを行う
第09回【コーチング】コーチングとコミュニケーション(コーチングとは何か,理論と重要性)
簡単なエクササイズを行う
実際にコーチングを行ってみる
第10回【コーチング】コーチングをやってみよう (練習,観察,コーチングフロー)
簡単なエクササイズを行う
実際にコーチングを行ってみる
第11回【コーチング】コーチングをやってみよう(質問の重要性,振り返り,気づきをもたらす質問とは)
簡単なエクササイズを行う
実際にコーチングを行ってみる
第12回【コーチング】コーチングとタイプわけ(コミュニケーションの本質,個別対応の重要性,承認とフィードバック)
簡単なエクササイズを行う
実際にコーチングを行ってみる
第13回 【コーチング】コーチングに関する発表とフィードバック (グループコーチング,気づきをもたらずコーチングを目指そう)
簡単なエクササイズを行う
実際にコーチングを行ってみる
第14回【ウェルビーイングとコーチング】利他と慈悲のサイエンス(感謝,マインドフルネス,強み,コーチングで得たもの)
簡単なエクササイズを行う
第15回【ウェルビーイングとコーチングとAI】まとめ~現在(いま)に活かしていくために。。そして未来へ 。。そして地球と生命の中で。
レポートの準備

・授業の詳細に関しては,最初の授業で説明します。
・ネット配信授業移行に伴い,この授業の内容や進行が変更される可能性があります。また,授業が始まってからでも,進行の度合い等によって,授業計画を変更する可能性があります。
・希望者に対して,特にAIについての補講をする予定があります。

教科書

トム・ラス『さあ,才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』新版(日本経済出版社、2017)
この本を購入すると,ウエブにアクセスするためのIDがついてきて,自分の強みを分析し,レポートが作られます。(アクセスコードは,一冊ごとに違うので,必ず購入してください。)

飯塚まり,佐藤豪,中川吉晴 他『進化するマインドフルネス』(創元社、2018)
同志社大学ウェルビーイング研究センター(飯塚,佐藤,中川他)が中心となって作った本です。マインドフルネスについて,全方向式にまとめられています。(買わなくても,授業は受けられます。)

鈴木義幸『新版 コーチングの基本ーこの一冊ですべてわかるー』(日本実業出版社、2019)
コーチングについて,とてもわかりやすくまとめられています。(買わなくても授業は受けられますが,買ったほうが,よくわかると思います。)

春学期期間中に,この授業の内容をまとめたような書籍を販売する予定があります。学術書ですが,その場合は教科書指定する可能性があります。

『さあ,才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』は,授業のために購入してください。就職面接の際にも役立ちます。

参考書

参考文献については,授業でご案内します。

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00