テーマ

H.現代社会を学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生・聴講生

科目コード

H138

科目名

現代出版事情

開講大学名

京都ノートルダム女子大学

学内科目コード

CSA1253N0J

学内科目名

現代出版事情

連絡先

京都ノートルダム女子大学
教育支援部教務課
TEL:075-706-3745 FAX:075-706-3790

担当教員

鎌田均(国際言語文化学部国際日本文化学科准教授)

開講期間

2022年09月30日(金)〜2023年01月20日(金)
4講時 14時55分〜16時25分(毎週金曜日)

※休講 2022/10/28(金)、2022/12/30(金)

単位数

2

開講期

後期・秋学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

(単位互換生は不要)

対象年次

2年次以上

授業定員

単位互換定員

3

京カレッジ定員

3

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

レポート(2回)により、講義内容の理解度を評価する(中間レポート30%、期末レポート60%) 授業への参加度(10%)manabaで提出されたレポートに対して 講評、採点を本人に通知する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

フィールドトリップの交通費

その他特記事項

京都国際マンガミュージアムへのフィールドトリップは、実施しない場合もある。その場合は代替の講義を行う。実施する場合には現地までの交通費が実費としてかかる。

現時点では対面授業の予定ですが、急遽オンライン授業に切り替わる可能性があります。インターネット環境をご準備の上、お申し込みください。

<通学に関する注意事項>
本学への通学は公共交通機関をご利用ください。
50ccを超えるバイクおよび自家用車での通学は認められておりません。また、自転車および50cc以下のバイクでの通学は登録制となっております。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

1.科目の教育目標
本や雑誌をめぐる状況は、大きく変貌をとげている。古書でありながらそれをコンビニ感覚で販売する「新古書店」、インターネットで便利に購入できる「オンライン書店」、さまざまな形でコンテンツが入手できる「オンデマンド出版」、そして街の本屋や古本屋など。そして電子出版の新しい動きにより、出版そのものの成り立ちも今後大きく変わりうる。この授業では、こうした出版の現代的な実情と文化について、国際的な視点も取り入れつつ検討していく。その上で、マンガなどの日本独特の出版形態についても考察し、理解を深める。

2.教育・学習の個別課題
①出版の歴史、現状および将来の展望について理解する。
②出版に関わる文化について理解する。

3.教育・学習の方法
講義を主体とするが、グループワーク、授業内課題も行う。講義内容に沿った課題についてレポートを作成することで理解を深める。

4.準備学習の具体的な方法
授業内容を復習し、レポートの準備を進める。授業内課題について準備する。

講義スケジュール

第01回 授業内容のレビューと導入
第02回 出版流通と書店
第03回 出版メディアの歴史
第04回 書籍と雑誌
第05回 現代の読書形態
第06回 出版社の概観、出版の企画
第07回 出版の電子化
第08回 表現の自由と出版に関する倫理(レポート1提出)
第09回 著作権とそれに関わる諸問題
第10回 出版文化の国際比較
第11回 出版物から見る文化
第12回 学術情報の流通
第13回 フィールドトリップ(京都国際マンガミュージアム見学を予定(変更の可能性あり))
第14回 マンガとその文化
第15回 まとめ:出版の役割と今後の展望(レポート2提出)

教科書

参考書

『出版メディア入門(第2版)』/川井良介(編)/日本評論社/2012/9784535586161

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00