テーマ

G.自然・環境を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

G140

科目名

温暖化防止政策

開講大学名

龍谷大学

学内科目コード

G141

学内科目名

温暖化防止政策

連絡先

教学部
TEL:075-645-7891
FAX:075-643-5021

担当教員

櫻井 次郎

開講期間

2022年09月30日(金)~2023年01月20日(金)
3講時 13時30分~15時00分(毎週金曜日)
※11月4日(金)は、龍谷祭(深草)のため全学終日休講します

単位数

2

開講期

後期・秋学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

30,000円(単位互換履修生は不要)

対象年次

3年次以上

授業定員

単位互換定員

50

京カレッジ定員

0

会場

試験・評価方法

小テスト(80%):知識の正確性だけでなく、自分で調べ考えたことを重視します。
定期試験(20%):講義内で学んだ知識の定着度、理解度を基準とします。
小テスト(課題)の代筆厳禁です。確認された場合には減点します。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

【会場】
龍谷大学深草学舎
第1回目の教室については別途「お知らせ」欄に掲載します。

【授業時間外における予・復習等の指示】
講義前は、講義課題に関する関係資料を読み自分なりの回答を考えたうえで講義に参加する。
講義後は、配布資料や参考文献などをもとに関心ある分野に関する理解を深める。

【履修上の注意・担当者からの一言】
新聞や雑誌、テレビの報道、インターネットなどを通して地球環境問題に関する情報を積極的に集め、講義課題やグループワークに反映して欲しいと思っています。

【注意事項】
教室定員を超える申し込みがあった場合、オンライン授業または抽選を実施する可能性があります。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【講義概要】
人類の経済活動が地球環境に与える影響、逆に地球環境の変化が私たちの身近な生活に与える影響、そしてビジネスへの影響など、近年ますます多くのメディアで語られるようになってきました。本講義では、気候変動(地球温暖化)、海洋汚染、森林破壊、生物多様性の喪失など、人類の経済活動の影響によって深刻化し、人類の経済活動そのものの持続可能性を脅かす問題に焦点を当て、その現状を概観したうえで、問題解決のための対策・政策をグローバル、ナショナル、ローカルのそれぞれの視点から学び、考察します。

【講義方法】
テキストは指定せず、講義内で配布する資料に沿って講義を進める。
原則として毎回課題(小テスト)を設定し、グループワークによって学生同士の意見交換の時間を設ける。
講義の初めに前回講義への質問等に対する回答・フィードバックをする。

【到達目標】
講義で学んだ地球環境問題の現状とそれに対する各種政策についての理解を深め、理解したことを自分なりに説明できるようになること。

講義スケジュール

第01回 ガイダンス
第02回 地球環境問題への国際的対応の推移
第03回 地球温暖化(1) 温暖化とその影響に関する議論、国際交渉の経緯
第04回 地球温暖化(2)京都議定書からパリ協定、グラスゴー気候合意へ
第05回 地球温暖化(3)日本の温室効果ガス排出状況と温暖化防止政策
第06回 地球温暖化(4)地方自治体の取組み・京都府職員による特別講義(予定)
第07回 地球温暖化(5)温暖化をめぐる南北問題、途上国の対応
第08回 海洋汚染(1)海洋汚染の現状、国際的・地域的取組み
第09回 海洋汚染(2)海洋プラスチック問題の現状と対策
第10回 生物多様性(1)野生生物種と遺伝子多様性の現状、原因、影響
第11回 生物多様性(2)生物多様性に関する国際的・国内的取組み
第12回 森林の減少と保全(1)森林減少の現状とその要因、国際的取組みの推移
第13回 森林の減少と保全(2)日本の森林減少とその要因、保全政策の課題
第14回 途上国の公害の現状と政策
第15回 講義の総括

教科書

参考書

丹下博文『地球環境辞典』(中央経済社)
地球環境研究会『地球環境キーワード事典』(中央法規)
ポール・ホーケン「DRAWDOWNドローダウン― 地球温暖化を逆転させる100の方法』(山と渓谷社)
テーマ毎に講義内で示す。

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00