テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

F101

科目名

リハビリテーション概論

開講大学名

京都大学

学内科目コード

F101

学内科目名

リハビリテーション概論

連絡先

国際高等教育院棟 1階 全学共通科目学生窓口
TEL:075-753-6511

担当教員

医学研究科 教授 青山 明樹
医学研究科 助教 谷間 桃子
医学研究科 助教 田畑 阿美

開講期間

2022年04月13日(水)~2022年07月20日(水)
5講時 16時45分~18時15分(毎週水曜日)
※試験期間 2022年7月22日(金)~7月28日(木)
※フィードバック期間 2022年7月29日(金)~8月4日(木)

開講曜日・講時

水・5

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形態

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

全回生

授業定員

単位互換定員

10

京カレッジ定員

会場

その他特記事項参照

試験・評価方法

試験方法はレポート形式で行います。

超過時の選考方法

別途負担費用

その他特記事項

履修要件:
特になし

授業外学修(予習・復習)等:
教科書的な予習は必要ありませんが、テーマに沿って自分自身の実生活の中で課題に沿って考える事を実施してください。

授業教室:京都大学吉田キャンパス・医学部構内・医学部人間健康学科第8講義室(予定)(医・薬・病院構内)

*今後の新型コロナウィルス感染症の拡大状況次第では、非対面授業に切り替わる場合もあります。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

講義概要:
リハビリテーションとは何か?
骨折した時に歩けるようにすること?
脳卒中で動かなくなった手を動くようにすること?
そのどちらも正しいのですが、それはリハビリテーションで行われる事のほんの一部です。リハビリテーションで扱うフィールドはとても広く、必ずしもリハビリテーション室で行われる事だけでなく、毎日の日常生活の中に気づかないうちに取り込まれているものです。
講義では始めに総論として基礎知識、診断法、評価法を、中盤ではリハビリテーションを行う技術、残りで諸疾患に対するリハビリテーション、新しいリハビリテーションへのアプローチについて解説します。授業に参加する時には毎日の行動の中にどのようなリハビリテーションが隠れていて、どのようにしたら他の人の役に立ってあげる事ができるかについて考えてみて下さい。

到達目標:
・リハビリテーションの歴史的背景、成り立ち、実施方法の概要を理解する。
・現代のリハビリテーションが抱える問題点を把握し、自分自身の考えを持てるように考える能力を養う。

講義スケジュール

第1回 リハビリテーションの理念・歴史・定義
第2回 病因と診断
第3回 障害と障害受容
第4回 機能評価、日常生活評価と各種検査法
第5回 運動と代謝、廃用症候群
第6回 理学療法
第7回 作業療法
第8回 言語聴覚療法
第9回 リハビリテーション看護
第10回 がんとリハビリテーション
第11回 切断とリハビリテーション
第12回 骨関節疾患とリハビリテーション
第13回 中枢神経障害とリハビリテーション
第14回 脊髄損傷とリハビリテーション
第15回 まとめ(フィードバック)

講義予定は上記の通りですが、適宜フリーディスカッション等を行います。

教科書

使用しない

参考書

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00