テーマ

C.文化・芸術を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生

科目コード

C148

科目名

現代俳句講座

開講大学名

龍谷大学

学内科目コード

C117

学内科目名

現代俳句講座

連絡先

教学部
TEL:075-645-7891
FAX:075-643-5021

担当教員

岡村 美江(俳人協会) 他

開講期間

2022年08月05日(金)・06日(土)・08日(月)・09日(火)(4日間) ※予定
1~4講時 09時15分~16時45分(8/5)
1~5講時 09時15分~18時25分(8/6)
2~4講時 11時00分~16時45分(8/8・9)

単位数

2

開講期

前期集中

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

1年次生以上

授業定員

150

単位互換定員

100

京カレッジ定員

0

会場

深草学舎

試験・評価方法

出席および俳句作品(4句)の提出が必要です。作品内容について、評価します。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

俳句文学館 『ハンディ版入門歳時記』 (角川書店) 1,900円 、吟行(実習)の交通費は実費負担。

その他特記事項

【会場】
龍谷大学深草学舎
第1回目の教室については別途「お知らせ」欄に掲載します。
資料俳句文学館 『ハンディ版入門歳時記』 (角川書店) 1,900円。初日に現金にて販売する。

【受講対象】
他大学(龍谷大学以外)学生とする(龍谷大学文学部の学生は、専攻科目として受講)

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【講義概要】
俳句は、季語を必要とする十七音節の定型詩であることを前提にして、実作を重視した講座となっている。
まず、全体講義にて実作に必要な俳句についての知識を学ぶ。次に、自然ゆたかな宇治を吟行し、実作に取り組む。作品を句会という場で鑑賞、評価し合う。最後に、発展的内容の講義をもってまとめとする。

【講義方法】
1日目…教室での講義。
2日目…宇治での吟行。大学に戻って少人数での句会。全体での講評。
3日目…少人数での句会。全体での講評。
4日目…教室での講義。

講義スケジュール

【1日目】:08月05日(金) 09時15分~16時45分
実作に向けての基礎的内容、段階的講座編成 参考『俳句への一歩~俳句指導の方法~』
講義「俳句とは」(担当:未定)
講義「俳句の表現形式」(担当:未定)
講義「俳句の素材と表現の特徴」(担当:未定)
講義「実作の試み」(担当:未定)

【2日目】:08月06日(土) 09時15分~18時25分
宇治吟行と俳句会 (担当:未定)

【3日目】:08月08日(月) 11時00分~16時45分
俳句実作と句会 (担当:未定)

【4日目】:08月09日(火) 11時00分~16時45分
講義「文学としての俳句」(担当:未定)
講義「近代~現代の作品鑑賞」(担当:未定)
講義「これからの俳句」(担当:未定)

教科書

講義初日に配布する。

参考書

講義初日に販売する(現金の準備をしてください)。
俳句文学館 『ハンディ版入門歳時記』 (角川書店) 1,900円

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00