テーマ

E.教育・人生観を学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生

科目コード

E119

科目名

仏教聖典学概論A

開講大学名

龍谷大学

学内科目コード

C115

学内科目名

仏教聖典学概論A

連絡先

教学部
TEL:075-645-7891
FAX:075-643-5021

担当教員

能仁 正顕

開講期間

2022年04月13日(水)~2022年07月27日(水)
2講時 11時00分~12時30分(毎週水曜日)

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

30,000円(単位互換履修生は不要)

対象年次

2年次以上

授業定員

120

単位互換定員

30

京カレッジ定員

30

会場

大宮学舎

試験・評価方法

平常点30% 講義毎に書いてもらう質問や500字コメントによる評価
小テスト20%
レポート50% 学期末レポートによる綜合評価

単位修得のためには3分の2以上の出席が必要となります。出席は講義時に提出してもらう「500字コメント」あるいは小テストによる。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

【会場】
龍谷大学大宮学舎
第1回目の教室については別途「お知らせ」欄に記載します。


【注意事項】
教室定員を超える申し込みがあった場合、オンライン授業または抽選を実施する可能性があります。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

■目的・ねらい■
仏説、すなわち仏陀の説いた言葉は、歴史上の釈迦牟尼仏一人が説いた言葉ではないことは現代において疑う余地はない。仏教聖典が歴史的にどのように形成されたのか、「仏説」の概念を把握することにより、「仏教」は何を説き、何を教えようと意図しているのかという問題についての理解を深める。
■講義概要■
仏陀の成道および説法にはじまる仏教は、八万四千の法門と云われるように、内容,表現形式、言語など、時代とともに地域に根ざした文化的特性の影響を受けて、多種多様に発展した。そのような仏教聖典の成立史を概観するとともに、パーリ語および漢訳で伝えられる経・律・論の三蔵を中心に、具体的に仏陀が説いた教えを取り上げて概説する。
■講義方法■
オンライン授業か対面授業かは状況によって、判断する。オンライン授業の場合、講義動画と資料をmanabaを通して配信する。講義時間帯に閲覧・受講することを原則とするが、必要に応じて繰り返し再生し閲覧することはできる。また課題や出欠方法などについてもmanabaを通して伝える。
■授業時間外における予・復習等■
問題意識をもって受講してください。

講義スケジュール

第01回   イントロダクション(キーワード:いろは歌とその出典)
第02回   仏説とは何か?
第03-06回 仏教聖典形成の歴史(キーワード:仏説、結集、三蔵)
第07-11回 経蔵(キーワード:阿含経・ニカーヤ、十二部経、縁起、餓鬼事経、蘭盆経)
第12-13回 律蔵(キーワード:戒律)
第14回   論藏(キーワード:アビダルマ)
第15回   まとめ

教科書

随時、講義資料を配付します。

参考書

テキスト 水野弘元『経典はいかに伝わったか:成立と流伝の歴史』(佼成出版社)(ISBN:4333020816)
テキスト 長尾雅人『世界の名著1:バラモン教典・原始仏典』(中央公論社)(ISBN:4124000812)
テキスト 中村元 訳『ブッダのことば』(岩波文庫)(ISBN:400007007X)
テキスト 奈良康明、下田正弘編集『新アジア仏教史02インドⅡ:仏教の形成と展開』(佼共成出版社)(ISBN:9784333024308)

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00