テーマ

H.現代社会を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

H153

科目名

現代宗教論

開講大学名

佛教大学

学内科目コード

H151

学内科目名

現代宗教論

連絡先

学生支援課
TEL 075-491-2141(代)

担当教員

大谷 栄一(現代社会学科 教授)

開講期間

2022年09月22日(木)~2023年02月10日(金)
3講時 12時50分~14時20分(毎週火曜日)
最終週は定期試験週

単位数

2

開講期

後期・秋学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

対象年次

2年次以上

授業定員

単位互換定員

10

京カレッジ定員

会場

紫野キャンパス

試験・評価方法

■ 成績評価の基準
・定期試験(教室)50% 到達目標で示した到達度によって評価する。
・授業内発表 50% 毎週のアクティブラーニングへの取り組みによって評価する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

■ 授業のテーマ
現代日本社会の「信仰なき宗教」とは何か? 
■ 授業の概要
現代日本社会の宗教の特徴は、「信仰なき宗教」(柳川啓一)である。
では、そもそも、「信仰」とは、「宗教」とは何か? 現代日本社会(さらには現代世界)における「宗教」の居場所はどこにあるのか? 社会にとって、私たちにとって、「宗教」とは何を意味するのか?
この授業では、「祭りとコミュニティ」「巡礼の現代的展開」「現代世界の呪術」「宗教施設とソーシャル・キャピタル」「グローバル化する宗教文化」「生者と死者のコミュニケーション」という6つのサブテーマから、上記の問いに答えることにしよう。
これらのサブテーマを通じて、海外と日本の比較、伝統とその現代的変容、「宗教」のコミュニティ、「宗教」のグローバル化といった現代宗教をめぐる問題群を扱う。 
■ 授業の目的・ねらい
現代日本社会における宗教の役割を検討することが、この授業の目的である。海外の宗教動向も紹介しながら、日本の現代宗教をめぐる具体的な事例を学び、その機能や意味を考えてもらう。
なお、この授業では、アクティブラーニング(主体的・対話的で深い学び、以下、AL)の手法を用いる。毎回、グループワークによるALを体験することを通じて、現代日本社会における宗教の役割に関する自分なりの見解を磨き上げることをめざす。
ただし、新型コロナウイルスの感染状況を鑑みて、授業の実施形態については判断する。
■ 到達目標
(1)現代日本社会における宗教の役割を理解する。
(2)宗教を社会学的に分析する視点を身につける。
(3)アクティブラーニングを通じて、自分の見解を表明できるようにする。
■ 授業時間外の学修(予習・復習等)についての具体的な指示
毎回、授業中に配布した資料を読み直し、復習をしたうえで、翌週の授業に臨むこと。 
■ 受講にあたっての留意事項
この授業の実施形態は、グループワークによるアクティブラーニング(主体的・対話的で深い学習、以下、AL)である。教員の説明→授業内容に関する動画の視聴→グループワークという流れで授業を実施する。
ALは、グループ・ディスカッション、ポスターセッション、相互インタビュー、ディベート、KJ法、ケースメソッド、ロールプレイ等、さまざまな技法で実施する。こうした作業を通じて、受講者が自分たちで「考える」「話し合う」「分析する」「発表する」「書く」ことを行ってもらう。そのため、受講者の主体的・積極的な授業参加が不可欠である。
なお、授業中の私語と携帯電話の使用は他の受講者の迷惑となり、グループワークの妨げになるので、厳禁とする。遅刻も認めない(10分を超えたら、電車が遅れたなどの理由がない限り、出席は認めない)。

講義スケジュール

■ 毎回の授業のテーマ・内容
第1回 イントロダクション──授業の内容と進め方の説明  
第2回 現代日本社会の「信仰なき宗教」とは?
第3回 祭りとコミュニティ①鞍馬の火祭り
第4回 祭りとコミュニティ②よさこい系祭り
第5回 巡礼の現代的展開①若者の四国遍路  
第6回 巡礼の現代的展開②アニメ聖地巡礼  
第7回 現代世界の呪術①ブラジルの呪術世界  
第8回 現代世界の呪術②京都の縁切り神社  
第9回 宗教施設とソーシャル・キャピタル①アメリカのキリスト教会  
第10回 宗教施設とソーシャル・キャピタル②日本のイスラム寺院  
第11回 宗教施設とソーシャル・キャピタル③日本のお寺  
第12回 グローバル化する宗教文化①禅からZENへ
第13回 グローバル化する宗教文化①スピリチュアリティ
第14回 生者と死者のコミュニケーション①看取りとターミナルケア
第15回 生者と死者のコミュニケーション②東日本大震災後の死者の記憶

教科書

参考書

サブテーマごとにまとめた参考文献一覧を授業中に配布する。

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00