テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生・聴講生

科目コード

F109

科目名

看護学概論

開講大学名

同志社女子大学

学内科目コード

751700

学内科目名

看護学概論

連絡先

◆本学京田辺キャンパス開講
教務課
TEL : 0774-65-8413
FAX : 0774-65-8418

担当教員

南 妙子(看護学部教授)
片山 由加里(看護学部准教授)

開講期間

2022年04月14日(木)~2022年07月28日(木)
4講時 15時00分~16時30分(毎週木曜日)
※休講 2022/05/05(木・祝)

開講曜日・講時

木・4

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形態

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

科44,000円(登録料24,000円・受講料20,000円)、聴8,000円

対象年次

1年次以上

授業定員

100

単位互換定員

10

京カレッジ定員

5

会場

京田辺キャンパス

試験・評価方法

評価方法・評価基準:
参加度1(南)  6% 積極的に授業に参加する
参加度2(片山) 9% 積極的に授業に参加する

小テストまたはミニレポート(南) 30%  
目標1・2の達成度を評価する

レポート(片山) 55%  
目標1・2の達成度を評価する

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

なし

その他特記事項

教室情報については、決定次第、「お知らせ」へ掲示します。不明な点があれば連絡先まで問い合わせください。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

授業テーマ:
看護の本質、看護職の役割

授業の概要:
看護学について初めて学ぶ科目である。看護は主要な4つの概念「看護の対象となる人間、対象の目的となる健康、対象が置かれている環境」を知ることで「看護」とは何かを考える。また、看護学を学ぶ導入として医療チームや看護倫理について学習する。

到達目標:
1.看護の概念や定義、専門職としての看護、看護の対象者の特徴を学ぶことを通して、看護学の理解を深める基盤とする。
2.代表的な看護理論を用いて、看護の対象の理解を体験する。

授業方法:
テキストやレジュメを使って講義形式で行い、適宜、グループワークを取り入れる。

講義スケジュール

各回の授業内容:
1.科目ガイダンス/看護とは(南)
2.看護の本質(南)
3.看護の専門性(片山)
4.多職種連携教育①(片山)
5.看護の歴史と看護教育(南)
6.多職種連携教育②(片山)
7.人間の理解(南)
8.健康の理解/環境の理解(南)
9.看護活動と役割・機能(南)
10.人間対人間の看護:トラベルビー(片山)
11.看護の基本となるもの:ヘンダーソン①(片山)
12.看護の独自性:ヘンダーソン②(片山)
13.患者体験記から:基本的ニーズ①(片山)
14.患者体験記から:基本的ニーズ②(片山)
15.様々な看護理論家:ロイほか(片山)

教科書

1.宮脇美保子(2021)新体系看護学全書基礎看護学1 看護学概論第5版 メヂカルフレンド社
2.ヴァージニアヘンダーソン著 湯槙ます・小玉香津子訳(2016)看護の基本となるもの新装版 日本看護協会出版会
3.星野富弘(2000)新版 愛、深き淵より 学研パブリッシング
4.フローレンス・ナイチンゲール著 湯槙ます他訳(2011)看護覚え書改訳第7版 現代社

参考書

1.手島恵監修『看護職の基本的責務:定義・概念/基本法/倫理2021年版』日本看護協会出版会(2021)
2.日本看護協会編『看護業務基準(2021年改訂版』日本看護協会出版会(2021)

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00