テーマ

C.文化・芸術を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

C138

科目名

梵字悉曇ⅠB

開講大学名

種智院大学

学内科目コード

C129

学内科目名

梵字悉曇ⅠB

連絡先

種智院大学教務課
TEL 075-604-5600 FAX 075-604-5610

担当教員

添野 了(非常勤講師)

開講期間

2022年09月22日(木)~2023年01月12日(木)
2講時 10時40分~12時10分(毎週木曜日)
※2022/12/15(木)休講(学内行事)

単位数

1

開講期

後期・秋学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

単位互換履修生は受講料不要

対象年次

1年次以上

授業定員

単位互換定員

5

京カレッジ定員

0

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

平常点(出席状況および授業態度)40%、定期試験60%により評価する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

場合によっては、筆や半紙等実費負担

その他特記事項

【事前・事後学習】
事前:梵字の読み方を学習する。
事後:読み方と同時に梵字の方法を復習する。

【課題に対するフィードバック】
授業中に添削をし、書き方の筆順を指導する。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【講義概要】
梵字の書法と読み方を基本において講義を進めて行く。講義の展開にあたっては、先ず、梵字字母の構成を学び、書法へと進む。到達目標は、梵字の基本筆法をしっかり学び、読めるように指導して行く。授業計画14~15の光明真言を書けるようにしたい。
本講義では梵字を実習するので、書道用具が必要である。筆、硯、文鎮、下敷等、詳しくは、授業のなかで説明する。

【到達目標】
梵字の基本である字母を修得できる

講義スケジュール

1. 梵字悉曇概説
2. 梵字悉曇の書法概説(1)字母表の構成
3. 梵字悉曇の書法概説(2)切継(文字の結合の法則)
4. 梵字悉曇の書法実習(梵字字母)1
5. 梵字悉曇の書法実習(梵字字母)2
6. 梵字悉曇の書法実習(梵字字母)3
7. 梵字悉曇の書法実習(梵字字母)4
8. 梵字悉曇の書法実習(梵字字母)5
9. 三尊仏・十三仏等種子実習1
10. 三尊仏・十三仏等種子実習2
11. 三尊仏・十三仏等種子実習3
12. 三尊仏・十三仏等種子実習4
13. 塔婆について
14. 光明真言実習1
15. 光明真言実習2

教科書

児玉義隆「梵字必携」朱鷺書房 1991年

参考書

種智院大学密教学会編『新梵字大鑑』法蔵館 2015年

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00