テーマ

F.生活・健康・スポーツを学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生

科目コード

F116

科目名

医療経営入門

開講大学名

京都橘大学

学内科目コード

a50101e710

学内科目名

医療経営入門

連絡先

教務課
TEL:075-574-4324
FAX:075-574-4134

担当教員

髙山 一夫(経済学部経済学科教授)

開講期間

2022年09月22日(木)~2023年01月19日(木)
2講時 10時55分~12時35分(毎週木曜日)

単位数

2

開講期

後期・秋学期

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

科目等履修生:32,000円

対象年次

1年以上

授業定員

単位互換定員

10

京カレッジ定員

10

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

小テスト(50%)、参加度(50%)
・授業への貢献(発言など)、リアクションペーパーの内容、ミニクイズへの取り組み状況などに基づき、参加度を評価する。
・参加度と小テストとを総合的に考慮して成績を評価する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

【教室情報】
決定次第、「お知らせ」へ掲示します。不明な点があれば連絡先まで問い合わせてください。

【準備学習】
・授業中に指示した文献や資料について図書館等を活用して各自で読み進める。
・授業中に配布した文献資料の復習およびミニクイズを活用して知識の定着に努める。

【課題の内容】
・毎回の授業において簡単な感想・質疑応答用紙(リアクションペーパー)の提出を求める。
・毎回の授業内容に関するミニクイズを活用して復習や理解の確認に活用すること。

【課題に対するフィードバック】
・リアクションペーパーに書かれた質問については、原則として次回の授業冒頭で全体にむけて回答する。
・ミニクイズについては即時採点機能によりフィードバックする。

【履修上の注意点】
・病気などによりやむを得ず遅刻・欠席する場合は、担当教員に連絡すること。
・授業中に紹介した参考文献については、図書館等を通じて自主的に読むよう心掛けること。
・新聞や雑誌の医療関係の記事に目を通す習慣をつけること。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【テーマ】
医療経営と医療制度に関する基礎的な知識を獲得する。

【授業の到達目標】
・医療経営の特徴について基礎的な知識を説明できる。
・医療制度の基本的な特徴を説明できる。
・医療経営をめぐる新しい知識や情報を学ぼうとする。

【授業の概要】
医療経営の特徴や課題、また医療経営をとりまく制度環境について、講義形式で授業を行う。

【教育目標】
・市民や社会人として必要とされる倫理観や人間性の養成
・自分自身や社会が直面するさまざまな問題を理解し解決する能力の養成
・物事を論理的に分析する能力の養成
・経営学・経済学・会計学を中心に社会科学の基礎的な知識と考え方を身につける。
・専門的な知識に裏づけられた論理的な思考力によって、社会や組織が直面する諸課題に取り組む能力を身につける。
・社会に関して常に関心を持ち、生涯にわたって新しい知識や見識を吸収していく能力を身につける。

講義スケジュール

第01回 ガイダンスと話題提供
第02回 医療経営の制度環境① 医療保険制度
第03回 医療経営の制度環境② 医療法と医療提供体制
第04回 医療経営の制度環境③ 診療報酬制度
第05回 医療経営の制度環境④ 介護保険制度と介護提供体制
第06回 医療経営の制度環境⑤ 医療・介護制度の改革動向
第07回 理解度の確認(1)と中間まとめ
第08回 医療経営の特徴と課題① 医療経営の組織と人的資源管理
第09回 医療経営の特徴と課題② 医療の質とリスク管理
第10回 医療経営の特徴と課題③ 業務管理と医療関連サービス業
第11回 医療経営の特徴と課題④ 医療経営の会計管理と資金管理
第12回 医療経営の特徴と課題⑤ 医療経営のマーケティング戦略
第13回 医療経営の特徴と課題⑥ これからの医療経営
第14回 理解度の確認(2)と講義全体のまとめ

教科書

参考書

1.「コロナ危機後の医療・社会保障改革」 二木立 勁草書房 2020 
2.「医療管理」 池上 直己 医学書院 2018
3.「医療経営史」 酒井シヅ編著 日本医療企画 2018 
4.「アメリカの医療政策と病院業」 髙山一夫 法律文化社 2020

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00