テーマ

C.文化・芸術を学ぶ

制度種別

単位互換

受講形態(京カレッジ)

科目コード

C301

科目名

音楽学特講h

開講大学名

京都市立芸術大学

学内科目コード

17012150

学内科目名

音楽学特講h

連絡先

教務学生課音楽教務担当
TEL:075-334-2222 FAX:075-334-2345

担当教員

竹内 有一(日本伝統音楽研究センター 教授)

開講期間

2022年04月14日(木)~2022年08月04日(木)
5講時 16時20分~17時50分(毎週木曜日)
授業日は履修許可後に本学の学務システムから確認してください。

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形式

オンラインのみ

遠隔授業として実施する

実施する

受講料
(単位互換履修生は不要)

入学料:28,200円 授業料:28,800円

対象年次

2年次以上

授業定員

12

単位互換定員

5

京カレッジ定員

5

会場

オンライン

試験・評価方法

3分の2以上の出席が必須。出席回数を重視し、フィールドワークや作業に取り組む意欲、小レポート等を総合的に評価する。

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

Google Classroomを活用したオンライン授業を行う。
音楽研究科修士課程「音楽学特殊研究hⅠ・Ⅲ」と合同開催。コロナ感染の状況により、授業計画の大幅な変更や開講中止の場合もある。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【授業目標】
大学移転先である崇仁地区に伝わる祭囃子について、伝承者とともにその魅力と楽しさを体感しながら、民俗芸能としての特色を考察する。祭り囃子は受講者の専攻外の音楽だが、傍観者とならぬよう自分自身が伝承に主体的に関わるような姿勢でのぞみ、地域の人々、とくに子どもたちに対して、京都芸大と芸大生の存在意義を多角的にアピールして欲しい。

【授業概要】
崇仁地区の祭り囃子に笛やリコーダーで参加し、さらに祭り囃子の笛の試作を行う。また、六斎念仏など他の民俗芸能との比較によって、祭り囃子の歴史とルーツを考察する。

【履修上の注意】
リコーダーを持っている人は初回から持参してください。「授業計画」に記したように、4~5月上旬に崇仁地区での校外学習を行います。放課後や休日にも実施するので、「授業計画」の日時・場所をよく確認してから登録してください。7名程度の定員制とし、初回の授業で受講者を抽選します(初回欠席は登録不可)。抽選は「授業計画」に記した校外学習に参加できる人を優先します。

講義スケジュール

第1回 04月14日
 ガイダンスと受講者抽選(「履修上の注意」参照。欠席者は登録不可。) 

第2回 04月21日【18時半~20時、京都駅徒歩8分の崇仁地区で校外学習】
 崇仁祭り囃子の体験と調査1 

第3回 04月28日【18時半~20時、京都駅徒歩8分の崇仁地区で校外学習】
 崇仁祭り囃子の体験と調査2 

第4回 05月05日(休日実施、05月19日の振替)【18時半~20時、京都駅徒歩8分の崇仁地区で校外学習】
 崇仁祭り囃子の体験と調査3 

第5回 05月09日(休日実施、06月30日の振替)【10:30頃~14:00頃、京都駅徒歩8分の崇仁地区で校外学習】
 崇仁春まつりの船鉾巡行に参加 

第6回  05月12日
 崇仁祭り囃子の体験と調査 まとめ 

第7回  05月26日
 祭り囃子の楽器に学ぶ:篠笛の試作と試演1 

第8回 06月02日
 祭り囃子の楽器に学ぶ:篠笛の試作と試演2 

第9回 06月09日
 祭り囃子の楽器に学ぶ:篠笛の試作と試演3 

第10回 06月16日
 祭り囃子の楽器に学ぶ:篠笛の試作と試演4 

第11回 06月23日
 崇仁祭り囃子の音楽的研究:六斎念仏との関係を探る1 

第12回 07月07日
 崇仁祭り囃子の音楽的研究:六斎念仏との関係を探る2 

第13回 07月14日
 崇仁祭り囃子の音楽的研究:六斎念仏との関係を探る3 

第14回 07月21日
 崇仁祭り囃子の音楽的研究:六斎念仏との関係を探る4 

第15回 07月28日
 まとめ 

教科書

なし

参考書

なし

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00