テーマ

B.歴史を学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

科目等履修生

科目コード

B302

科目名

西洋美術史1(レンブラント研究)

開講大学名

京都市立芸術大学

学内科目コード

11030230

学内科目名

西洋美術史1

連絡先

教務学生課美術教務担当
TEL:075-334-2220 FAX:075-334-2345

担当教員

深谷 訓子(美術学部 准教授)

開講期間

2022年04月11日(月)~2022年08月01日(月)
1講時 09時00分~10時30分(毎週月曜日)
授業日は履修許可後に、本学の学務システムから確認してください。

開講曜日・講時

月・1

単位数

2

開講期

前期・春学期

授業形態

オンラインのみ

遠隔授業として実施する

実施する

「英語で学ぶ科目」として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

入学料:28,200円 授業料:28,800円

対象年次

1年次以上

授業定員

50

単位互換定員

5

京カレッジ定員

5

会場

オンライン

試験・評価方法

授業への取り組み(50%)、最終レポート(50%)

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

その他特記事項

Google Classroomを活用したオンライン授業を行う。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

【授業目標】
 レンブラントという一作家の生涯と芸術を深く知ること、さらに他作家との比較を行うことを通じて、芸術作品の成立や受容に関する理解を深めてもらいます。また造形芸術作品の特徴を言語化する能力を高めることも目標です。

【授業概要】
 17世紀オランダを代表する画家のひとりであるレンブラントを取り上げて、その芸術を技法、画題、社会的背景などから詳細に考察していきます。オランダ17世紀に留まらず、他作家との比較を行うことで、広くイタリア・ルネサンスから19世紀フランスのレアリスムに至るまでの作品も紹介していきます。

【履修上の注意】
 本科目のGoogle Classroomのクラスコードはo2zxglyです。授業はオンラインで動画視聴をメインに行います。授業参加は、所定の曜日・時限にオンタイムで行うことになります。

講義スケジュール

第1回 イントロダクション 17世紀オランダの市民社会が生まれた背景
第2回 レンブラントの人生 概要
第3回 ラストマンとレンブラント 師弟関係から見えるもの
第4回 カラヴァッジョとレンブラント 間接的な影響
第5回 リーフェンスとレンブラント 切磋琢磨しあう友人関係
第6回 フランス・ハルスとレンブラント 筆触と肖像画
第7回 イタリア・ルネサンスとレンブラント(1) 理想との対峙
第8回 イタリア・ルネサンスとレンブラント(2) 異なる価値観
第9回 版画家としてのレンブラント(1)エッチング制作と主題
第10回 版画家としてのレンブラント(2)マーケットとの関係
第11回 ヘリット・ダウとレンブラント 弟子との関係(1)
第12回 ボル、フリンクとレンブラント 弟子との関係(2)
第13回 17世紀オランダ社会におけるレンブラント
第14回 19世紀レアリスムの作家たちとレンブラント
第15回 総括

教科書

使用しません。Google Classroomを通じて資料を配付します。

参考書

授業中に適宜紹介します。

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00