テーマ

C.文化・芸術を学ぶ

制度種別

単位互換/京カレッジ

受講形態(京カレッジ)

聴講生

科目コード

C149

科目名

和と美の日本文化

開講大学名

池坊短期大学

学内科目コード

C116

学内科目名

和と美の日本文化

連絡先

池坊短期大学 教学部 
〒600-8491 京都市下京区四条室町鶏鉾町
TEL:075-351-8595 FAX:075-351-8591

担当教員

科目コーディネーター 松本公一(池坊短期大学教授)
予定講師:華道家元池坊推薦講師、茶道家元推薦講師、香道家元(志野流)推薦講師等

開講期間

2022年09月05日(月)~2022年09月09日(金)
1講時10時00分~12時00分
2講時13時30分~15時30分
※09月05日(月)はガイダンスのため、09時30分開始

単位数

2

開講期

夏期集中

授業形式

対面授業(オンキャンパス)

遠隔授業として実施する

実施しない

受講料
(単位互換履修生は不要)

◆京カレッジ聴講生 20,000円(選考料免除、履修料20,000円)

対象年次

1年次以上

授業定員

100

単位互換定員

50

京カレッジ定員

5

会場

科目開講校キャンパス

試験・評価方法

◆単位互換生
 平常点(受講態度)10% 講義に集中して取り組んでいるかを評価する。
 単位認定レポート 90%
 下記3点を評価する。
 ①講義内容を理解し、それに基づき自らの考えをまとめられているか。
 ②毎回の講義内容を理解しているか。
 ③講義内容に基づき、自己の考えを論理的に述べているか。
 ※授業回数の3分の2以上の出席が無いと単位認定試験の受験資格を失います。

◆京カレッジ聴講生
 試験・評価なし

超過時の選考方法

書類選考

別途負担費用

なし

その他特記事項

◆単位互換生
履修許可者は、履修生証発行のため「顔写真
(30mm×25mm)」の提出が必要です。
2022年04月15日(金)から05月13日(金)の間に池坊短期大学教学部まで持参または郵送(05月13日必着)にて、提出してください。期限内に提出がなかった場合は、09月05日から始まるこの科目を受講する事が出来ません。
※顔写真には必ず裏面に「所属大学」「氏名」を記入してください。
※郵送の場合は、封筒表面に「和と美の日本文化」と朱書きし、裏面に「所属大学」「氏名」を記入してください。

◆京カレッジ聴講生
選考結果とともに手続き方法をお知らせします。来校での手続きが必要となります。

■2013年度までに「日本文化における花・茶・香」を修得された方は受講内容が重複するため受講できません。

低回生受講推奨科目

講義概要・到達目標

■授業テーマ
茶の湯・いけばな・香道・雅楽等の日本文化の実際を理解・体感する。

■授業概要
いけばな・茶の湯・香・雅楽・礼法などの日本文化の諸相について、その道の有識者を迎え講義する。また、実演をともなう回もある。

■到達目標
1.和・美という日本文化の内容を、芸能・芸道などさまざまな文化事象を通じて理解する。
2.和・美という日本文化の内容を自らの言葉で発信することができる。

講義スケジュール

10講座を予定。
以下は、2021年度「和と美の日本文化」実施内容。
2020年度は新型コロナウィルス感染症対策のため中止しました。
2022年度につきましては、オンキャンパスを予定しておりますが、状況によっては変更の可能性もあります。

1.ガイダンス(09時30分~)、花・茶・香の系譜とこころ
(池坊短期大学教授 松本公一)
2.茶の湯 心と形
(表千家 家元教授・同門会理事 貫名義隆)
3.日本のしきたり
(弓馬術礼法小笠原流宗家 / 池坊学園客員教授 小笠原清忠)
4.香りに学ぶ日本の文化史
(株式会社松榮堂 代表取締役社長 畑正高)
5.雅楽の宇宙観と可能性
(雅楽師 / 池坊学園客員教授 東儀秀樹)
6.日本のクオリアの深みと可能性
(脳科学者 / 池坊学園客員教授 茂木健一郎)
7.いけばなに見られる逆境の乗り越え方とこれからの暮らし
(華道家元池坊次期家元 池坊専好)
8.香は聞く
(志野流香道家元 / 池坊学園客員教授 蜂谷宗玄)
9.茶道綜合文化性
(利休居士第十五代裏千家前家元 / 池坊学園客員教授 千玄室大宗匠)
10.座敷の文化
(京都工芸繊維大学名誉教授 日向進)

※講師・内容は調整中。
※全回出席することが大前提。遅刻は20分まで。それ以後は欠席扱いとなります。詳細については講義初日09時30分からのガイダンスにて説明します。なお、受講態度の悪い者、授業妨害にあたる行為をした者は退席させ、改善がみられない場合は、単位を認定しないこともあります。

■事前・事後学習
事前学習:花・茶の湯・香道等について関連する書籍を事前に読んでおく。
事後学習:講義後、講義内容をまとめておく。
学習時間:60時間(270分×10回)

※2022年度の内容は、決定次第本学WEBシラバス上にて更新いたします。
 http://www.ikenobo-c.ac.jp/info_class/shirabasu.html より、
 「シラバス検索」をクリックし、「講義名称」欄に『和と美』と入力して検索してください。

教科書

講義当日に資料を配布。

参考書

なし

出願開始

出願終了

承認結果公開日

2022-04-15 05:00:00